さよなら グラミス・キャッスル

残念ながらグラミス・キャッスル を枯らしてしまいました。
ジャスミンの小径の端っこに地植えしていたのですが、元気がないので堀上げて
鉢に移したのですが、おそらく時期が悪かったのと
根っこに対して地上部分を思い切ってカットできなかったことと、
植え替えた後の水遣りが足りなかったためだろうと思います。

もともと元気がなかったのはなぜなのか?
同じところに植わっているほかのバラは元気なのに・・・
特に病気らしき症状はなく、根っこにも何もなかったし・・・
ただあまり根のはり具合はよくなかったです。

どうも私はイングリッシュローズと仲が悪いみたい。
モリノーも、買った年にとうとう根つかずのままだったし・・・
グラミス・キャッスルは、イングリッシュ・ローズの中でも難しいと
イングリッシュ・ローズをたくさん育てておられる
アンジェラさんも言っておられましたけれど、やっぱりねぇ。

地植えにしないで、鉢植えのままふかふかの土で育ててあげるべきだったのかなぁ???

では、在りし日のグラミス・キャッスルを。

さよなら グラミス・キャッスル” への6件のコメント

  1. わーーー残念だったわね。
    私の好きな感じの薔薇。

    何でもだけど、相性ってあるのかもね。
    片思いで終ったけど(笑)またそのうち同じタイプだけど相性のいい方と巡り会えるわ^m^

  2. 色はしっとり落ち着いた感じですが咲き方は豪華ですね。
    Keikoさんにお似合いのバラと思います。
    枯れたのは残念でしたね。
    でも花姿を見ないで終った訳ではないので良かったです。

  3. 名残惜しくてまだ捨てずにそのままにしてるんだけど。^^;
    うん、たくさんのバラのうちには枯れるのも出て当たり前だよね。
    専門家だってたくさんからしている操舵し・・・
    と自分を慰める。(笑)

  4. まこさん、
    普通は白だそうですが、うちのはうっすらを色づいて見えていました。
    それはそれはきれいなバラなんですよ。
    でも、リベンジする気は今はないです。
    しばらくはフランスのメイアンのバラに忠義を・・・(笑)

  5. グラミスさんって気難し屋さんなのですか。
    それは知りませんでした( ..)φメモメモ
    枯れてしまったのはとても残念なことですが、
    それで「イングリッシュローズと相性が悪いと」決めてしまうのはダメですよ。
    イングリッシュローズは他にもたーーーくさんあるのですから。

  6. 加藤しゃん、ありがとう。
    そうですよね、たとえ買ったばかりのモリノーが根を張らなかったとしても、
    3年目にして逝ってしまったグラミスだったとしても、
    それですべてのイングリッシュローズを語ってしまうのはいけないことですね。

    仲良くなれるイングリッシュローズに出会える日を楽しみに待つことにします。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.