クレア・オースティン

Cleire Austin

以前、アンジェラさんというバラ愛好家のHPで拝見したことがあって、一目ぼれしたのでした。
名前もはっきりとは覚えていなかったのに、
この年末に、北イタリアに住む義妹のところに行って、
彼女が連れて行ってくれたガーデンセンターでこのバラを見たとき、ぴんと来たものがあって買い求めました。

今、検索してみて自分の思い入れが間違いではなかったことに多いに気をよくしています。

Devid Austinが、娘さんの名をつけたバラ。
柔らかなクリーム色がかった白いバラ。
お母さんのパットの名のついたバラと似通った、かわいらしいカップ咲き。
そしてやはりパット・オースティンと同じように強健といわれているバラ。

非常に強いミルラ基調の香りだということですが、きっと庭ではそんなに気にならないでしょう。

購入した苗はいささかか細いのですが、強健種だということなので、期待しています。
今はまだ、仮のポットに入った状態なので、わたしの風邪が回復したら
新しい鉢に植え替えて皆様にもご披露することにいたします。
とりあえず、タグだけを取ってきて撮影しました。(笑)

クレア・オースティン

クレア・オースティン” への4件のコメント

  1. 名前だけではどんなバラ?と判りませんでしたが、タグの花姿を見て思い出しました。
    素敵なバラですよね~。
    咲き誇る姿を見たら圧倒されてしまいそうです。
    期待していますね。

  2. まこさん、
    まこさんもアンジェラさんちやmilkyさんちでバラの知識を深められていますね。^^
    タグの写真のようにきれいに咲いてくれるには数年かかるかもしれませんが、大事にしたいです。
    自分はちょっとER(イングリッシュローズ)とは仲がよくないと思っている気持ちを粉砕したいです。

  3. あ、それ、わかりますわかります。
    > 名前もはっきりとは覚えていなかったのに
    ですよね。
    > ぴんと来たものがあって
    ですよね。
    私は、バラではなくCDに呼ばれました。曲名も忘れてしまったのにCDショップの棚に乗っていたCDに呼び止められました。
    これは運命?
    きっとクレアさんと末永く仲良く出来ますよ(^^)v

  4. 加藤さん、ありがとう。
    実は今お宅にこのバラのことを一言書こうと思って
    でももしかしてすでにご存知かと思って来てみたら
    しっかりコメントいただいていました。^^

    CDとの出会いもいいですね。
    最近あまり音楽と仲良くしておりませんが、
    お気持ちはよくわかります。

    世の中、運とタイミングですよね。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.