今年の一番は・・・

同点首位というのでしょうか?
ロサ・ルゴーサ・スカブローサと花見川の開花が同じ日でした。

一重だけれど、大きな花のロサ・ルゴーサ・スカブローサと
一番小さな花見川が同じ日に開花したなんてなんだかおかしい。

巷ではキモッコウが一番乗りしているはずなのに我が家はちょっと変則気味で、
キモッコウにはまだつぼみも見当たりません。
ちょっと日当たりの悪いところに植えてしまったのがいけなかったのでしょう。
我が家のすぐそばのおうちではすでにモンスター振りを発揮しているというのに・・・

さて、同点首位とはいっても、花見川はたくさんの花が並んで咲いて
それこそ川の流れのように見える時にその美しさを発揮するのであって、
一輪ぽつんと咲いていてもねぇ。

そこへいくとロサ・ルゴーサ・スカブローサにはたとえ一輪でも存在感があります。
そして、今朝7時38分に撮影したときにはまだつぼみだったのも、

夕方撮影したときには立派に開いていました。

そこでやっり優勝はロサ・ルゴーサ・スカブローサかな?^^
今期はなるべく花だけのアップではなく全体像を撮っておこうと思っています。

あ、早く咲けば良いというものではないことは承知していますです、はい。

ただこの時期に咲いてくれるバラにはやはり注意が集中するんですよね。
彼女たちに続きそうなのはスパニッシュビューティーとクリムソン・グローリー。
お楽しみに。

今年の一番は・・・” への6件のコメント

  1. 花見川と言う名前でバラは想像つきません。
    作出が日本人なのですよね?
    園芸店に行くとバラの花はカタカナばかりです。
    当たり前かもしれませんけど(苦笑)。

  2. 開花バンザーイ\(^o^)/
    いよいよ始まりましたね、バラの季節が。
    スカブローサちゃま、お久しぶりでーす♪(いつも画面越しだけど)
    枝の曲線が芸術的、こんなにカーブしている子だったのですね。
    こちらは続けて雨が降ったりしてあちこち一斉にうどん粉が出ました。
    こんなことでは一番花の写真映りが良くないかもです。
    我が家は、位置について!よーい!・・・の段階です。

  3. まこさん、いつも見てくださってありがとう。
    そうですね、バラの名前にはカタカナが似合いますよね。
    でも結構日本語の名前のバラがあるんですよ。
    つまり日本人がせっせと新しい品種を作り出しているということですね。
    また花見川が川のように咲いたらお見せしますねー。

  4. 加藤しゃん、
    始まりましたよぉ。^^
    こちらもまた寒さが戻ってきましたが、がくを脱ぎ捨て始めてる子がいます。^^
    スカブローザは、いろんな観点から見てもとっても特異な存在ですね。
    つぼみも葉っぱに隠れるように存在しているし・・・
    面白い子を手に入れたといまさらながら喜んでいます。

    そちらも「ドンッ」と行くのも時間の問題ですね?^^

  5. わぁ~~~~っ もう咲き始めたのね
    すごいなぁ!!
    可愛い そして気品のあるバラたちの季節到来ですね

    我が家は 外壁工事のためにほんとうに切り株だけになってしまった大輪の名無しの白薔薇 見事に復活し始めて 小さなつぼみがたくさんついています。
    この子 切られても切られても またまたむくむくと復活するど根性薔薇なのね(笑)  氏素性はわからないけれど いつも元気をもらえる 我が家には似合いの薔薇かもと思います。

    今から始まるKeikoさん家の薔薇の饗宴 楽しみ 楽しみ(*´▽`*)

  6. hitomiさん、よかったねー。
    名前なんかその子の正確が分かっていれば必要ないですよ。
    もう長いお付き合いだからよーく分かっているでしょう。^^
    きっと今度も若返ったんじゃないかな?
    われわれもそうできればいいのにねぇ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.