イザベル・デ・オルティツ

イザベラ・ドルティツ(Isabella D’Ortiz)という名ではまったくヒットしないので、ほかの名があるのかもしれません。

—————————–30/09追記—————————
ありました!(笑)バラのことなら何でもこいの加藤さんに教えていただき、
ドイツ生まれなので、ドイツ語表記は Isabel de Ortiz つまりイザベル・デ・オルティツと日本では通っているようです。
知らなんだ、ああ知らなんだ。(笑)

作出:ドイツ コルディス社 1962年
四季咲き
いくつかの賞も受賞。
交配種はピースxコルデス・パーフェクタ

———————————————————————–

大輪で香りもよく、花付きもいいし、咲きっぷりも見事です。

ビコロールで、花びらの裏と表の色が違います。

裏は白っぽく、表はピンク。

ただ季節にかかわりなく、濃い色が咲いたり、薄い色が咲いたりと気まぐれやさんです。^^

最初の写真が今一番新しいものですが、

今回は濃い色と薄い色とが同時に咲いて面白み倍増です。

2枚目の写真は覚えておられる方もおいででしょう、

ゴルフの前にはまっていたボタニカルアートで、このバラをモデルに描いたことがありました。

いまだに葉っぱが未完成のままでお恥ずかしい。

豪華なのに気取ったところがないのは花びらが少しクシャットしているからでしょうか?(笑)

イザベル・デ・オルティツ” への4件のコメント

  1. イザベル・デ・オルティツとかイザベル・デ・オルテッツとか書いてあるところが多いような?
    ドイツ語ですから、発音が難しいのでしょう。
    Isabel de Ortiz をネイティブさんは続けて「ドル」にするから余計に難しいです。
    ゴージャスカラーですよね、なんか見るからに高級そうな色合いで^^;
    蕾も福々しくていいですね。

  2. 加藤さん、ああ加藤さん、加藤さん。
    さすがでございます。
    いや私が無知なだけか?(笑)

    イタリアでの表記が Isabella D’Ortizで、ほかのヨーロッパの言葉というのを考えもしませんでした。
    これからはもっと視野を広くして検索しますね。
    ありがとう!
    で、早速いくつかのサイトで貴重なことを知りました。
    なんとあのピースのお子さんだということも!!!

    早速調べたことを追記したいと思います。
    何より日本で通じる呼び方に変更いたしまする。(感謝)

  3. あらら、そんなに言われたら、なんだか私ったら凄い人みたいではありまえんか^^;
    イザベルさんはたまたま神代植物園で見ただけですよ。
    そんなに何でも来てもらっては困ります、知っていること以外は知らないですよ(笑)
    日本人は比較的他国の言葉はそのまま使用する習慣があるじゃないですか。
    でも、中国語だけは漢字を勝手に日本語読みしちゃう。
    たぶんそんな乗りで欧米の方々はお互いに自国の読みに読み替えているのでしょうね。

  4. ご謙遜には及びませぬ。
    バラとだだちゃまめに関しては?
    知らなくても知りたい、知ろうといつも研鑽を積んでおられるのですから。^^

    そういわれればそうですね。
    文字が共通していると自国風に書いてしまうのでしょう。
    中国人は聞いた通りを漢字で表記してしまうのがすごいですよね。
    口可口楽  最高!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.