ピンク・サクリーナ

本名は「アストロノミーア」ともうします。
でも桜の花に似ているところから作出したフランスのメイアン社が
日本での名前を「ピンク・サクリーナ」として発表しました。

一重のバラに惹かれたのはこのバラに出会ってからです。
とにかく愛らしく他に言葉が見つかりません。

確か2007年の暮れに我が家にやってきたと思うので、今年で5年目。
株も大きくなってきて、たくさんの花が咲いています。
しあわせ。^^

ピンク・サクリーナ” への8件のコメント

  1. Keikoさん、こんばんは~♪

    一重のバラ、私は持っていないの…目にする度、気持ちが揺れます~
    植え場所がもうないですから、どうしようもないのだけれど(涙)
    ピンク・サクリーナ、名前もチャーミングで心惹かれます^^

  2. Yoyoさん、こんばんは

    一重のバラなんて最初は夢にも思っていなかったんですけれどね、
    はかなさが・・・いいんですよ。(笑)
    鉢植えでいかがですか?なんて誘惑しちゃって。

    うちのボニカもだんだんしっかりしてきました。
    ボニカを見るたびにYoyoさんを思っているんですよ。^^

  3. >ボニカを見るたびに…

    そんなふうに花を見て私のことを思ってくれるなんて、感激です!
    私はダリアを見るとKeikoさんのことをいつも思い出します~♪

  4. わぁ、満開&豊作(^^)v
    一重のバラの人気は低いですね、こんなに可愛いのに。
    ピンク・サクリーナなんて”桜子ちゃん”というくらいに可愛いです。
    (知り合いの保育園児の桜子ちゃんと同じくらい可愛い(笑))
    本当に株が大きくなりましたね、写真しか見ていませんがわかっちゃいます。
    メイアンさんはいいバラを作ってくれました。

  5. Yoyoさん、おはよう♪

    私はダリアですか、嬉しいなぁ。
    最近ダリアをあまり可愛がっていないんですよ。(反省)
    そちらでは地下で越冬できないと嘆いておられましたね。

  6. 加藤さん、
    もう本当に豊作でしたァ。
    そろそろ終わりですが、これは又返り咲いてくれますからね、それも楽しみです。
    うわぁ、お知り合いの桜子ちゃんにお目にかかりたいです。^^

    メイアンさんには結構素敵なバラがありますよね?。
    何故かマニアックな方々にはあまり人気がなさそうですが。

  7. 聞いてください!
    世界ヘリテージローズ会議の記念講演で、ジェラルド・メイランさんがアストロノミアをすごく褒めていました。
    プロの目から見ても良いバラなのですね。
    ちょっと嬉しくてご報告♪

  8. 加藤さん、嬉しいニュースをありがとうございます。
    一瞬ジェラルド・メイランというのはメイアンファミリーの方かしら?なんて思ってしまった私です。
    全く関係なく、前世界バラ連合会会長、バラの研究科でいらっしゃるのですよね。
    そういうかたに褒めていただけるバラを所有しているとは光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.