ポールズ・スカーレット


(クリックで大きくなります。)

ポールズ・スカーレット・クライマー Paul’s Scarlet Climber 
イギリス・ポール 1916年作出 
ラージフラワード・クライマーLCl
一季咲き(ときに返り咲き)
スカーレットピンク
軽いティーローズ香

ピエールに追いついてポールさんも咲いて来ました。
こちらはかなりの花数が望めます。
もともとピエールは一輪咲き、
そしてポールさんは房咲きなので花数は自ずと違ってきますね。

又、今回はじめてLClラージフラワード・クライマーという言葉を知りました。
つまり同じツル性のバラでも花の大きさが大きめなのはこう呼ばれるようです。

ポールズ・スカーレットの花茎は6~8センチぐらいありますからねぇ。
花数が多いだけに花期も長いんですよ。
摘んでも摘んでも咲いてるっていう感じです。^^

ポールズ・スカーレット” への2件のコメント

  1. この色がたっぷり咲くと本当に豪華です。
    ロンサールさんの豪華さとは質が違うので、ふたつが並んでいると見事な眺めになりますね。
    あー、どこもかしこもバラ!バラ!
    幸せだわぁ♪

  2. 加藤さん、ありがとう

    そうですね、ピエールのぽってり感とは違う華やかさです。
    我ながらうまく並べたと満足しています。(笑)

    幸せに浸っててなかなかblogの更新ができません。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.