ゼフィリン・ドルーアン

ゼフィリン・ドルーアン

本当の色はもっと紅色です。

そう、ピンクじゃなくて紅色と言うのがふさわしい色なのです。

ゼフィリン・ドルーアン、1868年に作出されたオールドローズ。

日陰でも耐えられるといいうので垣根にくっつけて植えこんでしまい、木の影になっています。

成長すると3メートルほどになるという蔓性のバラなのですが我が家のはまだ1メートルそこそこ、やっぱり陽射しが極端に少ないのじゃないかと思いながらなかなか他に場所を開拓できずにおります。

最近のバラは花びらがグラデーションになっていたりウラとオモテで色合いが違ったりというのが多いですが、そしてそれはとってもいい雰囲気を醸しだす要因の一つですがこのゼフィリン・ドルーアンは素直に一色です。

もちろん咲き進んで退色ということはありますが花弁の色は均一です。

写真では陽のあたり具合で少し濃淡に見えていると思います。

 

他には

ピンク・パンサー

ピンク・パンサー

エル

エルのうんと咲きすすんだところ、ピースに似てますね。ボッティチェッリ2 ボッティチェッリ

ボッティチェッリです。食べてしまいたいくらい可愛いでしょう?

ピエール・ドゥ・ロンサール  ピエール・ドゥ・ロンサール2

ポールズ・スカーレット

いよいよピエール様とポールズ・スカーレットが咲き始めました。

ついに両者はしっかりと手をつなぎ境目がなくなってきているので満開の時はどうなるのでしょうか?想像するだに快不安が襲ってきます。(笑)

ゼフィリン・ドルーアン” への2件のコメント

  1. ボッティチェリ(日本風言うと)は日本国内では入手困難と言われているそうです。
    (「バラの家」談)
    大切に育てて大いに自慢しちゃってください!

  2. 加藤さん、おはよう

    そうなんですか?
    メイアンさんは日本もお好きなようで色々出荷しているでしょうにねぇ。
    数が少ないのかしら?

    今朝はすっかり開ききって上の可愛らしさはなくとてもゴージャスでした。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.