クリムソン・グローリー

クリムソン・グローリー

かなり背が高くなってしまって下からカメラを向けたらこんな感じです。

クリムソン・グローリー2

傍にあった植木鉢をひっくり返してそこに乗っかって撮りました。(笑)

確か他のバラよりも真っ先に咲き始めた年もありましたが今年はゆっくり始まりました。

クリムソン・グローリーアーチ

アーチは今やこんなに高くなってしまいました。

今も自力で立っています。左横に見える二本のシュート来年はこれもアーチに参加ですね。^^

ゼフィリン・ドルーアン

ゼフィリン・ドルーアン

本当の色はもっと紅色です。

そう、ピンクじゃなくて紅色と言うのがふさわしい色なのです。

ゼフィリン・ドルーアン、1868年に作出されたオールドローズ。

日陰でも耐えられるといいうので垣根にくっつけて植えこんでしまい、木の影になっています。

成長すると3メートルほどになるという蔓性のバラなのですが我が家のはまだ1メートルそこそこ、やっぱり陽射しが極端に少ないのじゃないかと思いながらなかなか他に場所を開拓できずにおります。

最近のバラは花びらがグラデーションになっていたりウラとオモテで色合いが違ったりというのが多いですが、そしてそれはとってもいい雰囲気を醸しだす要因の一つですがこのゼフィリン・ドルーアンは素直に一色です。

もちろん咲き進んで退色ということはありますが花弁の色は均一です。

写真では陽のあたり具合で少し濃淡に見えていると思います。

 

他には

ピンク・パンサー

ピンク・パンサー

エル

エルのうんと咲きすすんだところ、ピースに似てますね。ボッティチェッリ2 ボッティチェッリ

ボッティチェッリです。食べてしまいたいくらい可愛いでしょう?

ピエール・ドゥ・ロンサール  ピエール・ドゥ・ロンサール2

ポールズ・スカーレット

いよいよピエール様とポールズ・スカーレットが咲き始めました。

ついに両者はしっかりと手をつなぎ境目がなくなってきているので満開の時はどうなるのでしょうか?想像するだに快不安が襲ってきます。(笑)

エルと・・・

Elleが早くも咲いています。

elle

例年より1週間ほど早いようです。

elle2

開花中のはちょっと体調が良くないみたい、変に花弁が多くて固まっています。

この蕾はきっと綺麗に咲いてくれることでしょう。

 

そして、スパニッシュ・ビューティーはもうほとんどの蕾が開いています。

スパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティー2

先日の蕾の集まりがこんな感じでとってもいい香り。

今日のメーデー、おとなりに昼食に呼ばれて行ってきましたが、このスパニッシュ・ビューティーを入れた小さな花束を持参したら皆さんよい香りだと交互に鼻を寄せておられました。

そのスパニッシュ・ビューティーの前で咲いているのはオールド・ブラッシュ・チャイナ。オールド・ブラッシュ・チャイナ オールド・ブラッシュ・チャイナ2

こうしてみるとよく似ているでしょう?

今まで気が付きませんでしたが今年はじめてすぐそばに並べてみて花びらの色合いがそっくりなことに気が付きました。外側が内側より濃い目のピンクなのです。

もちろんオールド・ブラッシュ・チャイナの花は小振りでその分化花弁は多いのですが。

なんとなく仲良しさんのような気がします。^^

ピンクのバラたち

キモッコウのない我が庭ではバラというとピンクのものから開花し始めます。

今年はピンクサクリーナ(アストロノミア)が知らぬ間に咲き始めていました。

アストロノミア

昨年のシーズンを締めくくったのも彼女たちです。なんと8ヶ月にわたって楽しませてくれる本当におりこうさんたちです。^^

咲いたらすぐに散ってしまうのが難ですが、だからこそサクリーナの名がふさわしいのでしょう。

そしてコチラ、私が開花第一号だと思っていたスカブローザ(Rosa Rugosa Scabrosa)

スカブローザ

昨年はちょっと花数が少なかったのですが、今年は鉢増しをしたので元気を取り戻してくれることでしょう。場所もより日照時間の長いところへ移しました。

そして・・・

今の時期の女王はスパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティつぼみ

4月24日撮影

スパニッシュ・ビューティー3

4月25日撮影

スパニッシュ・ビューティー2

4月25日撮影

スパニッシュ・ビューティー5

つぼみたちもたくさん待機しています。

今日の午後に雷雨があるらしいのでちょっと心配。

 

アラスカ

araska

ジャスミンの小径に植えこんであるアラスカ、

可愛いので最初の開花後すぐに子作りをしました。^^

その子がこんな風に咲いています。

もちろん2番花です。

実は左下の方に若干違うバラも写っているのですが、

小さなバラたちを4種類一緒に植えこんであるのです。

左下のはスワニー

その後ろにアストロノミーアとサンレモ。

すべてが一緒に開花することはありませんが、

だからこそ、長く楽しめます。

庭を巡って開花しているのを見るのも楽しいですが、

こうして家の中から見える範囲にお手頃のバラがあるのも素敵です。