バラたちと…

(iso100?だったかな?)(iso200で明度マイナス1だったかも)

以上3枚はコスモス  私の大切な大切なバラ。

アストロノミーア  日本ではピンクサクリーナと呼ばれている。

以上2枚はスパニッシュビューティー  今年は花数は少ないけれど大輪。

そろそろ植え替えどきかも?

パレロワイヤル  まだこんなふうに固まっています。

アラスカ。

オールドブラッシュチャイナ またまたボケボケ

 

ロベリア、数年ぶりにお迎えしました。もうひと株を玄関前のボーダー花壇に。

すでに満開を過ぎた時点で購入。八重のブーゲンビリアが新鮮だったので。

しかもスタンダード仕立てを見たのはこれが初めて。

17ユーロはちょっと痛かったけれど逃すわけにはいかなかった。

フジの2番花。

ニセアカシア、フジと共にいい香りを放ってくれています。

いちばーん

4,5日前の朝の写真です。

このスパニッシュ・ビューティー

ハマナス

オールド・ブラッシュ・チャイナ

そしてパレ・ロワイヤル

のつぼみがだいたい同じような状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが夕方見てみると

ハマナスはすでにこんな状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールドブラッシュチャイナも開花済み。

ひゃーーーすごいピンぼけ、ごめんなさい〜

 

 

 

 

 

 

でも、パレロワイヤルは、まだ固まっています。

 

4,5日たった今もパレロワイヤルは

同じ状態。

スパニッシュビューティーは

大輪の花がいくつか咲いていますが、

まだ撮影できないでいます。

 

 

それから2階のベランダに出てみると

「なになに?下の方では一番乗り争いをしているの?」

とでも言いたそうに

ムタビリス・チャイナがすでに満開でした。(笑)

(写真は又の機会に)

 

 

 

今年も1番パレ・ロワイヤル

4月7日の写真です。

こちらは12日

私はかねがねバラの開花はガクが離れた瞬間と決めているので、(笑)
我が家のパレ・ロワイヤルは今年もバラの中で一番に開花しました!

ご覧になる方によってはまだつぼみだヨォと思われるかもしれませんが、
どのみち、これを追い越すバラは我が家には今のところ無いみたいです。
次候補はクリムソン・グローリーかな?

他のおたくではキモッコウが一番というのが定番のようですが、
どうも我が家ではキモッコウの植え場所を間違ったようで、
日があまりにも当たらないので成長が遅れていて、開花もまだ先になりそうです。
あ、このあたりキモッコウのページにかかないといけませんね。(笑)

え!つぼみ?

パレ・ロワイヤルに蕾を発見しました。
他のバラたちにはまだそれらしきものは見当たりません。
そういえば毎年このバラは一番に蕾をつけていました。
家の南側にラティスがついた木の枠にテラコッタの鉢が入っているので、
一番暖かく冬越しができるせいでしょう。

昨日気がついたのですが、写真を撮るのを忘れていて、今真っ暗な中で撮って来ました。
で、ご覧のようなピンぼけですが、早く報告しておきたくて・・(笑)

2009年にも3月24日にこんな写真を撮っていました。

でも、今夜の写真のように膨らんだのは4月に入ってから。
これは2009年4月7日の写真です。

この蕾だけを比べると約10日ほど成長が早い気がします。
ただ、見つけたのは今のところこの1つだけ。
他にも出てくるのは結局例年と同じ頃なのかもしれませんね。

とにかく、最初の蕾を発見した時というのは毎年のことながら心がときめくのです。^^

パレ・ロワイヤル

別名、といいましょうか日本での流通名は ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール

つまり白いピエール様って言われているのですが、いつも咲き始めはほんのりピンクです。

咲ききるころにほぼ真っ白になって・・・結構日持ちのいいバラです。

植えっぱなしで、そろそろこの鉢も窮屈になってきたかもしれませんが、
今期はまだ鉢ましもせず、庭への植え替えもなく、鉢の仲の土を部分的に入れ替えただけになっています。

でも、ごらんのようにたくさんの花をつけてくれています。

先日ご紹介したクレア・オースティンの姉妹のような雰囲気ですね。

 

 

下のほうの葉が黄色いのは典型的な水不足。

来期はもっと気をつけなくちゃ。

冬でも乾燥したときには水が必要ですよね、特に鉢植えの場合。