ワルツタイムなど

ワルツはやはり大人の時間、夜遅くに踊るものだからでしょうか

我が家のワルツタイム、ここに来てやっと咲き誇ってくれました。

これまでも咲いてはいましたが一輪ずつ、ほんとうに一輪ずつしか咲かなかったのですが、やっと数輪まとめての開花となりました。

 

ワルツタイム

遠くから撮ったのでちょっと見づらいですね。

しかも強い雨脚の雨に打たれているところです。
(だから近づいて撮れなかった・(笑)

右隣はドメニカというミニバラ。

3度目くらいの満開です。

左には花が終わったばかりのクレア・オースティン

では咲いていた頃の写真を。

クレア・オースティン

キャッ、可愛い!!!

近くには同郷の友、グラミス・キャッスルが、やはり今は殆ど散ったのですが、つい最近まで咲いていた姿を。

グラミス・キャッスル3 グラミス・キャッスル2 グラミス・キャッスル

白いばら、素敵です。

 

最後に1ヶ月余前に咲いていたワルツタイムを追加しておきますねー。

ワルツタイム3

クレア・オースティン

クレア・オースティン

夕方あわてて撮影してどうもあまり写りが良くないのですが、アップしておかないと白いばらはすぐに汚れてしまうので・・・

咲く始めはほんのり黄色いのですが、すぐにご覧のようなやわらかな白になります。

デビット・オースチンが自分の娘さんの名をつけたというのだからかなりの思い入れのあるバラなのでしょう。

我が家ではちょっと元気が無いのですが、それは私の管理のせいで、始めの年はよく咲いてくれたものでした。

グラミス・キャッスル

我が家でたった二株のイングリッシュ・ローズがこのグラミス・キャッスルと、クレア・オースティン。

なんだかよく似たのを選んだなぁと思います。(笑)

やってきた年にはかなりの隔たりがあるのですが、そうすると私はこういうバラが好きなんだなぁと納得してしまいます。

でも・・・

どちらもかなり気むずかし家さんです。

私の扱いが悪いのはもちろんなのですが、どうも強健なフランスやドイツのバラに慣れているとこの繊細さには手を焼いてしまいます。

でもま、毎年咲いてはくれているので文句をいうつもりは毛頭ありません。^^;

今頃一番花、きれいです。

グラミス・キャッスル グラミス・キャッスル

秋のバラ

お天気が良いとゴルフに出かけ、

雨が降ると写真を撮りに庭に出るのがはばかられ

なかなか薔薇の写真が撮れずにいます。

今日は10月の末に撮ったのを見ていただきましょう。

まずはグラミス・キャッスル

今年はよく咲いてくれました。

か細い茎にたくさんの花弁を持つ花がぶら下がるように咲きました、

少しアップで。

次はオレンジジョイ

ちょっと咲き進んでオレンジ色が赤みをおびています。

こちらはワルツタイム。

我が家で唯一のパープル色のバラです。

香りも良くて買ってよかったと思っています。

 

こちらはサンレモ

フォーエバーシリーズというオランダ産のミニバラです。

そして、テラコッタ

このばらも今年はよく咲きました。

場所を決めかねて未だに鉢植えなのですが・・・

最後にホワイトメモリー

 

この他にもたくさん咲いているのですが・・・

又の機会に

クレア・オースティン

ああ、なんと表現すればいいのでしょう。

深窓の令嬢。

無垢な乙女。

汚れのない妖精。

そなたの名は、Claire Austin。

 

デビッドがお嬢さんの名を授けただけあって、その気品と美しさはひときわ。

しかも美しいだけではなくかなり健常なバラのようです。

大晦日に北イタリアで買い求め、そのあと長く買ったままのポット育ち。

やっと植え替えはしたものの、水遣りの開始も遅れて・・・

 

でも、ごらんのように咲いてくれました。

ああ、近寄りがたくて香りを確かめるのを忘れています。

22:40香りを確かめに行って来ました。

何も香りません。

照会文ではかなり香りということですがわたしの鼻のせいでしょうか?

この時間帯は香りなしなのでしょうか?

明日また、確認することにしまっす。^^

 

もしも・・・

もしも香りがなかったとしても(イングリッシュ・ローズにはありえがたいことだけれど)

この美しい姿だけで十二分に満足でございます。(平伏)