アンドレ・ル・ノートル

これもすっかりガクが離れているので開花宣言!(笑)
この春は寒さが戻ってきて居座っているせいか色がこれまでに見たこともなくピンクがかっています。

普通のこのバラの咲き始めはこんな感じです。(写真は2009年のもの)

ピースが私をバラの世界へ導いてくれたバラなら、
このアンドレ・ル・ノートルは更にのめり込ませるために加速度を与えてくれたバラです。(笑)
日本でも人気の杏色のバラ、しかもとっても上品ないい香りがするバラなのです。

このバラの説明はこちらで

アンドレ・ル・ノートル

アンドレ・ル・ノートルと言うのはフランスの造園家の名前です。

wikipEdiaから肖像画の写真をお借りしました。

  

    * ヴェルサイユ宮殿の庭園
    * ヴォー=ル=ヴィコント城の庭園
    * サン=ジェルマン=アン=レー城の庭園
    * サン=クルー城の庭園(城館は消失、庭園のみが残る)
    * シャンティイ城の庭園
    * ソー公園
    * テュイルリー庭園
    * フォンテヌブロー宮殿の庭園
    * イタリア・トリノの王宮の庭園

以上のような重要な庭園を手がけ、いわゆるフランス式庭園の様式を完成させた方だそうです。

その方の名がついたバラですから、アンドレ・ル・ノートルはすばらしいバラです、私にとって。^^
バラの香に注目し始めたのはこのバラを手に入れてからだと思います。
なんともいえないフルーティーな良い香なのです。
ダマスク系のバラらしい香りも良いですが、
さわやかなフルーツやティーの香は飽きることがありません。

また色合いも、薄いピンクが、秋には少しベージュがかってきてシックです。
今頃気がつきましたが、これもメイアン社の「ロマンティカシリーズ」でした。
つまり、花の姿はオールドローズのそれに近いのです。

我が家では雨ざらしのところに植えてあるので、少し黒点病にかかっていますが、
相対的には病気に強いと言われています。
花びらの枚数が多いので、雨には若干弱い気がします。
ボールディングする確率が割りと高いです。
ですから鉢植えにして、雨の長引くときには軒下に非難させてあげたほうが良いかと思います。

この冬、私自身に元気があったら掘り起こして鉢に植え替えてみようかと思ったりしています。
鉢植えにして身近で楽しみたいバラでもあるのです。^^