リン・レノー

リン・レノー

2007~2008年季にメイアンからでた比較的新しいバラです。

香りが強いこととなんとなくゴージャスな感じに惹かれて取り寄せました。

本格的な流通以前からたくさんの賞を受賞していることもやはり皆に愛される素晴らしいバラということの判断の基準になっていると思います。

カタログを見ると本当に迷うんでうすよねぇ。

夜遅くまであれやこれやと比較して・・・
結局フィーリングで決めちゃうものなんですが。(笑)

メイアンのバラはみな比較的強健なところがいいです。

と言いながらいくつかのバラをダメにもしていますが(汗)しっかりと日照条件や土の性質をわきまえて普通に管理していればほとんど枯らすことがないと思います。

バラの植え替えって冬場にやるのでその辺りの加減が難しいのです。

冬場は陽がさしているところも夏になると上から大きな枝に葉が茂って覆いかぶさってきたりして、気が付いたら半日陰だったりするのです。

毎年10株単位で取り寄せていた頃はそういうことを考えるひまもなくどんどんと植え付けてしまったのでやはり悪条件のところのバラはかわいそうな有り様になっています。

リン・レノーのいるところもまさしく半日陰で環境の改善をしてあげないといけないと思いつつ・・・

でも、めげずにスラっと伸びて約2m、そのてっぺんに花をつけてくれました。

リン・レノー2

おっとフラッシュが・・・

咲き進むとこんな感じでちょっとオールドローズの雰囲気になります。