今咲いているバラたち

今日は5月10日。

昨日撮影したバラたちをここに残しておきましょう。

アラスカ

アラスカ

アラスカ2

アラスカ2

何よりうちのバラたちはろくな栄養を貰わずにここ数年生き延びてくれていることに感謝です。

枯れ中でもこのアラスカはここ数年元気いっぱい。
おそらくここは結構日当たりが良いからでもありましょう。

咲き終わりの頃に雨にあったりすると汚くなりますが、年中愛らしい姿を見せてくれるすぐれものです。

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベスは我が家のバラたちのヘッドですね。^^

あちこちでその素晴らしい姿を見せてくれています。
かなり老齢のはずなのにいつも元気。
花姿が乱れることもなく黙ってどんどん咲いてくれます。

ムタビリス

ムタビリス

ムタビリスはかなり前から咲き始め一度盛りを過ぎたと言ってもいいくらいですがまだまだたくさんの花をつけています。

ここの株は背が高くなったのでこのところの雨で少しお辞儀をしています。
咲き始めの杏色の時をつい撮り逃してしまいます。

ベランダ組も元気です。

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサール

まだ、このくらいで咲き始めですが今年は殆どが私の頭の上で咲いてくれるので写真を撮りやすいと思います。(笑)

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレットはかなり前から咲き始めていて今年も元気です。

丁度この上にアカシアが咲いていて文字通りアカシアの雨に打たれています。
風が吹くとまるで雨のようにたくさんの花びらが舞い降りてきます。
その花びらがポールズ・スカーレットのはの上に止まって一瞬ドッキリとしました。
何か病気にでもなったのかと思って・・・(笑)

シエスタ2

シエスタ2

シエスタ

シエスタ

きっともっとお日様に当たりたいでしょうに、それでもご覧のように愛らしい姿を見せてくれています。

ひと枝でブーケになってしまうありがたい花です。^^

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー

ピンク・パンサー

玄関前のバラ花壇で一番貫禄があるのがこのピンク・パンサー。
大きな花をいくつも咲かせてくれます。この株にももっと陽射しが必要でしょう。

ホワイト・メイディランド

ホワイト・メイディランド

真っ暗になりましたね。(汗)

まだ咲き始めたばかりの清楚なイメージ。
そのうちこの辺りを覆う感じで咲き誇ってくれるはず。

ではここまでにしておきましょう。残りは次回。

 

 

母娘ともども・・・

母娘ともども おほほのほ

なんて美しいのでしょう。

母親のヴィルゴさま、なんだかイングリッシュローズのような繊細さ。

virgo1nov virgo2nov

 

お嬢様のアイスバーグ、こちらも母親に負けてはおりません。

アイスバーグ4novアイスバーグ2novアイスバーグ3novアイスバーグ4nov若くて元気なので花数は母上よりうんと多く、冬枯れの庭の一角を明るくしてくれています。

ヴィルゴさま

つい様付けで呼んでしまうヴィルゴ。

純白で気品のあるバラだから。

今年はちょっと早めにお目覚めでしょうか?

2008,2009年は5月に入ってからの開花だったようですが。

2009年5月7日撮影

2008年5月4日撮影

しかも今年はつぼみがわんさかですねぇ。

楽しみにしております。

ここ数日は雨なので、できればゆっくりと開いてくださいね。

ヴィルゴ

Virgo

ヴィルゴ3

も少し寄って見ましょう。

ヴィルゴ4

美しいですね。
やさしい白です。

作出国  フランス 1947年  
作出者  Charles Mallerin(シャルル・マルラン)

モダンローズの巨匠、シャルル・マルランの丹精した白バラです。
ほかのかたがたはこのバラがとても難しいとおっしゃっていますが、
私には余りむつかしいとは思えません。

凛としたハイブリッド・ティーの花を期待すればそうなのかもしれませんが、
私は先に子供のアイスバーグを知ったせいでしょうか、
アイスバーグのお母さんとしては気高くやさしく、
この親にしてこの子ありという気がします。^^

ヴィルゴ2

つぼみは5月1日撮影です。
開花したとたんに雨にあってしまいましたが、影響は出なかったようです。

これから、ポツリポツリと結構秋まで咲いてくれるバラです。