バラたちと…

(iso100?だったかな?)(iso200で明度マイナス1だったかも)

以上3枚はコスモス  私の大切な大切なバラ。

アストロノミーア  日本ではピンクサクリーナと呼ばれている。

以上2枚はスパニッシュビューティー  今年は花数は少ないけれど大輪。

そろそろ植え替えどきかも?

パレロワイヤル  まだこんなふうに固まっています。

アラスカ。

オールドブラッシュチャイナ またまたボケボケ

 

ロベリア、数年ぶりにお迎えしました。もうひと株を玄関前のボーダー花壇に。

すでに満開を過ぎた時点で購入。八重のブーゲンビリアが新鮮だったので。

しかもスタンダード仕立てを見たのはこれが初めて。

17ユーロはちょっと痛かったけれど逃すわけにはいかなかった。

フジの2番花。

ニセアカシア、フジと共にいい香りを放ってくれています。

今咲いているバラたち

今日は5月10日。

昨日撮影したバラたちをここに残しておきましょう。

アラスカ

アラスカ

アラスカ2

アラスカ2

何よりうちのバラたちはろくな栄養を貰わずにここ数年生き延びてくれていることに感謝です。

枯れ中でもこのアラスカはここ数年元気いっぱい。
おそらくここは結構日当たりが良いからでもありましょう。

咲き終わりの頃に雨にあったりすると汚くなりますが、年中愛らしい姿を見せてくれるすぐれものです。

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベスは我が家のバラたちのヘッドですね。^^

あちこちでその素晴らしい姿を見せてくれています。
かなり老齢のはずなのにいつも元気。
花姿が乱れることもなく黙ってどんどん咲いてくれます。

ムタビリス

ムタビリス

ムタビリスはかなり前から咲き始め一度盛りを過ぎたと言ってもいいくらいですがまだまだたくさんの花をつけています。

ここの株は背が高くなったのでこのところの雨で少しお辞儀をしています。
咲き始めの杏色の時をつい撮り逃してしまいます。

ベランダ組も元気です。

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサール

まだ、このくらいで咲き始めですが今年は殆どが私の頭の上で咲いてくれるので写真を撮りやすいと思います。(笑)

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレットはかなり前から咲き始めていて今年も元気です。

丁度この上にアカシアが咲いていて文字通りアカシアの雨に打たれています。
風が吹くとまるで雨のようにたくさんの花びらが舞い降りてきます。
その花びらがポールズ・スカーレットのはの上に止まって一瞬ドッキリとしました。
何か病気にでもなったのかと思って・・・(笑)

シエスタ2

シエスタ2

シエスタ

シエスタ

きっともっとお日様に当たりたいでしょうに、それでもご覧のように愛らしい姿を見せてくれています。

ひと枝でブーケになってしまうありがたい花です。^^

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー

ピンク・パンサー

玄関前のバラ花壇で一番貫禄があるのがこのピンク・パンサー。
大きな花をいくつも咲かせてくれます。この株にももっと陽射しが必要でしょう。

ホワイト・メイディランド

ホワイト・メイディランド

真っ暗になりましたね。(汗)

まだ咲き始めたばかりの清楚なイメージ。
そのうちこの辺りを覆う感じで咲き誇ってくれるはず。

ではここまでにしておきましょう。残りは次回。

 

 

カンディア・メイディランド

カンディア・メイディランド2007~2008年度のニューフェース。

前年よりいろんな賞を獲得していた優等生。

2005年からバラを集めだした私ですが、ようやく一重のバラに興味が出てきた頃でした。でも、このバラをカタログで注文することはなかったのです。

それが真夏にすこし離れた街の植木屋さんに入り、出会ってしまったのです。^^

手元の資料には2009年8月19日購入とあるのでその植木屋さんは結構素早くメイアンの新種のバラを仕入れていたことになりますね。

小さな植木屋さんで注意していないと通りすごしてしまうようなところだったのですが、あの頃はとにかくそういう場所をいつも探していたので立ち寄ってみたのでした。

あまりの暑さにコップいっぱいの水を所望したことも覚えています。

このバラと多肉用の土や培養土を購入したことまで今こうして書きながら思い出しました。あの頃はガーデニングにどっぷりとはまっていたのですね。^^:

これは修景バラなので庭に植え込んだら、おそらくDouseur Normandeのように途切れなく咲いてくれるのでしょう。

ただ、鉢植えでもそれなりの姿で結構花をつけてくれていたので未だに鉢植えのままなのです。だから本来の美しさと言うか存在価値を発揮できないでいると思います。

これも今後の課題にしておきたいと思います。

 

ホワイト・メイディランド

過日、我が家の白いバラたちをラインアップした時に抜けていたバラです。(汗) ホワイト・メイディランド ホワイト・メイディランド2 純白でうつむき加減で・・・放っておけないか弱き乙女の様ですが実は病気にも強い現代っ子なのです。 ホワイト・メイディランド3 最初の数年は成長が止まったままでしたがそろそろ羽を伸ばし始めたようです。 濃いグリーンの葉との対照がきれいですね。

花見川

花見川はしだれ模様に咲くバラなので切り花にはならないのですが、地面についていた枝があったのであえて切り花にしてみました。

花見川

仲良く収まっているのはVirgo です。

どちらも切ってから写真を撮るまでに日がたってしまってちょっと情けない姿になっておりますが・・・

花見川3 花見川2

本来の花見川はこんな感じで庭で暴れています。

今までに比べるとことしはちょっと花つきが少ないようです。でも新しいシュートも伸びているし、元気なのはとっても元気みたいです。

もう一株ベランダにまだ花見川の本来の性質を知らない頃に買って、他のミニバラと同じように選定していたのがこちら。

花見川

花が終わったらこの新しい枝も切っちゃおうかな。