いちばーん

4,5日前の朝の写真です。

このスパニッシュ・ビューティー

ハマナス

オールド・ブラッシュ・チャイナ

そしてパレ・ロワイヤル

のつぼみがだいたい同じような状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが夕方見てみると

ハマナスはすでにこんな状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールドブラッシュチャイナも開花済み。

ひゃーーーすごいピンぼけ、ごめんなさい〜

 

 

 

 

 

 

でも、パレロワイヤルは、まだ固まっています。

 

4,5日たった今もパレロワイヤルは

同じ状態。

スパニッシュビューティーは

大輪の花がいくつか咲いていますが、

まだ撮影できないでいます。

 

 

それから2階のベランダに出てみると

「なになに?下の方では一番乗り争いをしているの?」

とでも言いたそうに

ムタビリス・チャイナがすでに満開でした。(笑)

(写真は又の機会に)

 

 

 

今咲いているバラたち

今日は5月10日。

昨日撮影したバラたちをここに残しておきましょう。

アラスカ

アラスカ

アラスカ2

アラスカ2

何よりうちのバラたちはろくな栄養を貰わずにここ数年生き延びてくれていることに感謝です。

枯れ中でもこのアラスカはここ数年元気いっぱい。
おそらくここは結構日当たりが良いからでもありましょう。

咲き終わりの頃に雨にあったりすると汚くなりますが、年中愛らしい姿を見せてくれるすぐれものです。

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス2

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベス

クイーン・エリザベスは我が家のバラたちのヘッドですね。^^

あちこちでその素晴らしい姿を見せてくれています。
かなり老齢のはずなのにいつも元気。
花姿が乱れることもなく黙ってどんどん咲いてくれます。

ムタビリス

ムタビリス

ムタビリスはかなり前から咲き始め一度盛りを過ぎたと言ってもいいくらいですがまだまだたくさんの花をつけています。

ここの株は背が高くなったのでこのところの雨で少しお辞儀をしています。
咲き始めの杏色の時をつい撮り逃してしまいます。

ベランダ組も元気です。

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール2

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサール

まだ、このくらいで咲き始めですが今年は殆どが私の頭の上で咲いてくれるので写真を撮りやすいと思います。(笑)

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレット

ポールズ・スカーレットはかなり前から咲き始めていて今年も元気です。

丁度この上にアカシアが咲いていて文字通りアカシアの雨に打たれています。
風が吹くとまるで雨のようにたくさんの花びらが舞い降りてきます。
その花びらがポールズ・スカーレットのはの上に止まって一瞬ドッキリとしました。
何か病気にでもなったのかと思って・・・(笑)

シエスタ2

シエスタ2

シエスタ

シエスタ

きっともっとお日様に当たりたいでしょうに、それでもご覧のように愛らしい姿を見せてくれています。

ひと枝でブーケになってしまうありがたい花です。^^

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー

ピンク・パンサー

玄関前のバラ花壇で一番貫禄があるのがこのピンク・パンサー。
大きな花をいくつも咲かせてくれます。この株にももっと陽射しが必要でしょう。

ホワイト・メイディランド

ホワイト・メイディランド

真っ暗になりましたね。(汗)

まだ咲き始めたばかりの清楚なイメージ。
そのうちこの辺りを覆う感じで咲き誇ってくれるはず。

ではここまでにしておきましょう。残りは次回。

 

 

ムタビリス

これまでキネンシス・ムタビリスと紹介してきましたが長いのでこれからはただムタビリスでいきます。(笑)

ムタビリス ムタビリス2

ムタビリスとは変化するという意味でその名の通り、花の色が咲き進むに連れて変化します。

写真で黄色っぽく見えるのが咲いたばかりの花。その後どんどんピンクになり、緋色といえるかなぁくらいまで色の濃さが進み最後の最後には若干色あせて終わります。

一つの花がこんな変化を見せるのは類がないと思います。

しかもこのムタビリス、とっても元気なんです。
花を咲かせながらどんどん成長するし、実をつけながら花も咲かせるというくらい。

ここジャスミンの小径に植えたものは約2メートルにもなりました。
鉢植えの方は40センチ位で止まっています。

だから扱い次第でいろんな樹形が楽しめるのもいいですね。

ロサ・キネンシス・ムタビリス

今までは単にキネンシス・ムタビリスと読んでいたけれど、
そしてこちらのバラの花のタグにはこう書いてあるのだけれど、
日本の皆様に分かりやすく説明するには
ロサ・キネンシス・ムタビリスって呼ばなければならないのかな?

Rosaはイタリアではローザと発音し、意味はバラの花やばら色のこと。
女性の名前にも用いられます。

だからRosa chinensis Mutabilisというとバラという言葉が重なるように思うのだけれど、
菊の花なども、なんとか菊って言うのだからそれでいいのかもね。(笑)

オレンジ色のつぼみから、咲き始めはクリーム色、
そして散るころには濃いピンクに変色する特異なバラ。

すさまじい成長力のある元気なバラ。
ひとつの花の開花時間は短いけれど、どんどん新しい花が咲き、
年間を通して何度も咲いてくれるありがたいバラ。

 

アラスカとのコラボ

バルコニー組み

重い鉢を持って2階のバルコニーまで移動させるのはしんどいですから
ここ数年バルコニーに居住するバラたち、これからもメンバーは変わらないと思います。^^

そのメンバーは、フランソワ・ラブレー(ロマンティカ) 赤 

ジプシー=希望(H/T) 赤と黄のビコロール

フェルディ=花見川(盆栽作りもどき) 薄ピンク 

キネンシス・ムタビリス(一重・原種系) オレンジから、朱色に変化 

名前不明の黄色いミニバラ 黄色からクリーム色に 

マリオン(ポリアンサ) 鮮やかピンク 

うん、こうしてみるとよく選んだものだと思います。(笑)
それぞれ異なるグループから選んでますね。
足りないのはつるバラかな?

バルコニーでは害虫の被害も少なく、日差しも充分で、
水遣りさえ忘れなければいい条件の下で暮らしているといえるでしょう。

そういえば白いバラがありませんねぇ。
小ぶりの白のつるバラを今年は加えてみようかな?