葉っぱもりもり

これからしばらくはバラたちの葉っぱの写真が続くでしょう。
蕾が出てくるまでの主役ですからね。^^

これは3月11日に撮影したものです。

新たな季節

バラはいわずと知れた灌木、低木、または木本性のつる植物ですから
毎年自分の好きなサイクルで一度~数度咲いてくれます。
開花期間はそれぞれ違いますが、新芽が出始めるのはみんな同じ今頃です。
いや、すでにかなり展開し始めていますから2月半ばからといった方がいいでしょうか。

われわれにとって厳しい冬でも、穏やかな冬でも、
大体同じころに新芽が出始めるは不思議な気がしますね。

今年注目しているのはスカブローザです。
昨年開花株を買ったので、何もないところからの出発は初めて。
ほかのバラたちが赤い新芽をつけるのにスカブローザははっきりしたグリーンです。
白い花のバラも、少しそういう傾向がありますが、こんなにはっきりした色ではありません。

枝ぶりもほかのバラとはまったくちがうのが今はよくわかりますね。

お勝手口の両脇にスパニッシュ・ビューティーとパレ・ロワイヤルが植わっています。
どちらもつる性のバラですが、スパニッシュ・ビュティーが伸びやかに咲くのに対して、
パレ・ロワイヤルはわりと固まってお行儀よく咲いてくれます。
両者を同時に鑑賞することができるでしょうか?楽しみです。

なしらず

なしらず=名知らずです。^^

当初、バラの名前の重要性を知らず、
箱入りのバラを買ってもその箱を捨ててしまい
また、このあたりの園芸センターの多くは
名前など気にしていないようでタグもなく
そんな名前のわからないバラたちが数株あります。

名はわからなくとも、みなすばらしい花を咲かせてくれるので、
皆様にご紹介するときの便宜上、
勝手に名前をつけたりしております。
そんなバラたちをひとつのカテゴリーに独立させておこうと
「なしらず」というカテゴリーを作りました。

ツルバラ

ツルバラとはどういうものかといまさら説明するまでもないでしょうが、
いざ説明せよといわれるとちょっと戸惑ってしまいます。(笑)

一応ここでは、単なる支えの棒でなく、
誘引してあげなければならないタイプのバラを総称しています。

ハイブリッド・ティーからの枝代わり葉もちろん、
ブッシュなどで枝の細いのも入れるかもしれません。

とにかく我が家の場合はということで・・・^^